思い出に残る仕事

50歳を超えた方(Cさん)のお話です。

Cさんは病院に通院していない、元気な体調でご来店され、医療保険に加入されました。加入10日後の定期健診で、思いもよらずがんと診断されました。

しかし、診断書には医師が誤って初診日を数年前と記載していました。Cさんは相談にご来店されました。この診断内容では告知義務違反となり、契約は無効となり、

保険料は戻りません。疲労困憊なCさんに代わり私が病院に行き、初診日について担当医に確認し、訂正をしてもらいました。

正しい診断書により、その後の入院給付金、手術給付金は満額支給されました。Cさんは、現在健康を回復され、用事で自由が丘にいらっしゃるとショップに元気なお顔を出されます。

人に感謝され、人に役立つ仕事をしていると実感しました。

特集記事
最新記事