生命保険を活用した相続対策

今回は、保険金をみなし相続の対象ではなく、所得税(一時所得)の対象とするときの生命保険の活用方法をお話します。

契約者=被相続人(子)、被保険者=相続人(親)、受取人=被相続人(子)

保険料は、被相続人(子)が負担します。被保険者は高齢なので保険料は高額になりますが、相続人(親)から毎年贈与を受けて保険料を支払います。相続財産は、毎年の保険料相当額(非定額とする。)を贈与しますので、長期間にわたって減らすことが可能になります。

また親が死亡した場合、保険金は相続財産とはならず子供の一時所得となりますので、遺産分割協議の対象にならないところもポイントです。

契約者=相続人(親)、被保険者=相続人(親)、受取人=被相続人(子)では、保険料が高額になるのが課題でしたが、贈与を受けた金額で被相続人(子)が保険料を負担すれば、課題は解消します。

特集記事
最新記事
アーカイブ

自由が丘にお越しの際はぜひお立ち寄りください

東急東横線・大井町線「自由が丘」駅

南口徒歩1分:南口改札を出て右、突き当たりを左に進みます。

​正面出口徒歩2分:改札を出て左、踏切を渡りそのまま直進。

募集代理店 有限会社ムラ・アソシエイツ
〒158-0083
東京都世田谷区奥沢5-28-13光徳ビル1F
TEL:03-5483-3150 FAX:03-3722-2366
営業時間:10:00~18:00
定休日:木曜日

【引受保険会社】
アフラック 
東京第一支社
〒160-0023  
東京都新宿区西新宿1-23-7 
新宿ファーストウェスト17階
TEL:03-6757-2603

Copyright (C) mura associates Co.,Ltd., 2016 All Rights Reserved.